ニキビ跡治療について

女子なら顔はすごく気になるよね。だからニキビ治療

大人と子供のニキビの違い

ニキビには思春期ニキビと、大人ニキビとに大きく2分できます。
思春期ニキビは成長過程でのホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌が過剰になることが主な原因で、
できる場所も皮脂分泌の多い額や頬などにできるのが特徴です。

にきびの要因

 

それに対して大人ニキビの原因は、生活習慣の影響や生活環境、ストレスなどの
様々な要因によって肌のターンオーバーが乱れることにより古い角質が溜まって
毛穴が詰まることが主な原因と言われています。

 

乾燥しやすい頬や口のまわり、あごなどにも出来やすいのが特徴です。
それぞれに原因が異なるため、にきび治療の方法も異なります。

 

ケミカルピーリングというにきび治療は、ニキビの原因となる古い角質を取り除くことでニキビを改善します。
角質の生まれ変わりを促すにきび治療で、ニキビの炎症を抑え角栓を取り除いて
毛穴の深い部分委ある汚れを綺麗にする効果があります。

 

これは美容皮膚科などで行われる治療で、ニキビを改善したり予防するのに効果的です。
このにきび治療を繰り返すことにより、メラニンの排出を促す効果があります。

 

にきび治療によって全体的に肌のトーンも明るくなり、肌表面がなめらかになります。
顔ににきびができてしまうと目立つこともあり、とても恥ずかしい思いをしたことがある人も多くいるのではないでしょうか。

 

大人のにきびは子供のにきびとは違い、ざまざまな原因がありますので、にきび治療はとても大変なものです。
薬用化粧品などを利用してにきび治療をおこなっていても、すぐに治るがまたにきびができていると言うことはないでしょうか。

 

そのような場合は表面的なアクネ菌や雑菌が原因ではなく、内側からの原因である可能性も高いのです。
内側からの原因である場合、菌によるにきびならば、抗生物質でのにきび治療がとても適しているでしょう。

 

抗生物質はその他の菌から病気になってしまった場合でも服用することがありますが、
基本的には医者の処方箋がなければ処方してもらえないものです。

抗生物質によるにきび治療を望んでいる場合は、まずは皮膚科に相談する方が良いでしょう。

皮膚科にて抗生物質が適していると診断された場合は処方してもらえるでしょう。


その他の原因であるならば、それに適したにきび治療法を教えてもらえることでしょう。

有効な療法